ウォーキングダイエットとその効果

ウォーキングダイエットとその効果

ウォーキングダイエット効果

ウォーキングはただ歩くだけでも、エネルギーは消費されます。持続できるのがウォーキングダイエットの強みです。

 

速足で1時間程度しっかり歩けば、以外にもジョギングと同等の効果も期待できます。300kcal消費するのに自転車では75分テニスで42分ぶらぶら歩きで112分大またで速足なら55分がだいたいの目安となはす。

 

ウォーキングダイエットの効果はからだも心もリフレッシュ

 

ウォーキングをしていると、からだは新鮮な酸素を十分に呼吸します。
その結果、心臓や肺の機能が高まり、取り入れた酸素を全身に送るため、血液の循環がよくなり血管も軟らかく丈夫になります。

 

また、新鮮な酸素は脳にも送られ、脳の活動も活発になります。イライラした時にからだを動かすと脳がリフレッシュする効果の理由はこれです。

 

ウォーキングの効果はそれだけではありません。全身の脂肪を燃焼させて、美しいボディラインをつくります。

 

  • 呼吸が活発になるので、心臓や肺が適度に刺激され、働きがよくなる効果がある。
  • 新鮮な酸素を多く含んだ血液が脳に送られるので、脳が活性化する効果がある。
  • 血液がカラダのすみずみまでいきわたり、血行がよくなる効果がある。
  • 血行がよくなることで、血管が太く柔軟になり、心臓病や動脈硬化を予防する効果がある。
  • 自律神経のバランスを整える効果がある。
  • 体内の脂肪を燃焼させ、肥満を防ぐ効果がある。
  • 筋肉をひきしめ、美しいボディラインをつくる効果がある。
  • 脚や腰の筋肉や骨格を強くする効果がある。
  • カルシウムの吸収を高め、筋肉を鍛える事で骨粗鬆症などを予防する効果がある。
  • 脳内ホルモンの分泌を活発にし、また気分転換にもなって、ストレスを解消する効果がある。

 

また、ウォーキングはダイエットだけではなく生活習慣病も予防します。

 

 

肥満は見た目だけでなく、健康の面からも好ましくないことは、広く知られるようになりました。

 

肥満の原因は簡単にいえば食べすぎです。人間に限らず動物は、摂取エネルギーが消費エネルギーより多いと、脂肪として蓄えるようにできているのです。

 

さて、エネルギーの多くは動くことによって消費されますが、乗り物が発達し、生活が便利になった現代社会では、一般に運動量が不足気味です。余分なエネルギーは脂肪となって蓄えられ肥満になります。
すると足や腰に過剰負担がかかるので動きは鈍く、さらに運動不足になるという悪循環におちいります。

 

また、運動不足はストレスに対する耐性、環境適応力、体力の低下を引き起こし、情緒を不安定にします。これらは、心臓病、高血圧、動脈硬化、糖尿病、腰痛などの成人病の原因ともなっています。

 

これらは日ごろの運動や食事など、日常の生活習慣に大きく左右される疾病のため、生活習慣病とよばれています。

 

ウォーキングは比較的軽い運動ですが、たくさんの酸素を取り込みながら長時間続けられるのが特徴です。それが、運動不足をカバーし、ひいてはダイエットだけではなく、病気の予防、高血圧や糖尿病の運動療法として効果を発揮するのです。