ウォーキングシューズの選び方

「ウォーキングシューズ」の選び方を詳しく説明します。

ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングやジョギングにはシューズ選びが大切です。選び方を間違えるとつま先が圧迫され痛くなったり、靴擦れが起こる可能性があります。
そうなっては、せっかくウォーキングも中止しなくてはなりませんし、モチベーションも下がります。

 

一般的には、つま先に余裕があって、きつくないものを選びます。かかとのサポート感や、土踏まずのフィット感も確かめましょう。

 

 

靴底には緩衝材とよばれる地面からの衝撃を吸収してくれる素材を使ったものを選びます。
靴底は硬いよりは軟らかく、薄いものよりは厚いほうが良いと思われがちですが、厚さが十分でも軟らかすぎるものは着地の際に安定が悪いので避けましょう。

 

 

靴の重さについては、ウォーキング用として市販されているものであれば、一応適しているといえます。メーカーによる性能の差はあまりないようですから、サイズさえ合えばファッションで決めることも可能です。

 

要するに足に負担をかけないで、楽しめる要素のあるシューズを選びましょう。

 

自宅にあるシューズから選ぶには、まず、普段履いている運動靴のサイズを中心に、大小3〜4足を試しに履いてみます。

 

そして足の親指と小指の、つけ根を結んだ線がフィットするかどうか、土踏まず、かかとと靴底のカーブが合っているか、歩くときに靴が足に密着してくるかを確認します。

 

それから、全体のフィット感、重さ、素材の通気性、クッション性などを考慮してウォーキングシューズを選びましょう。

 

新たに購入をお考えの方は、メーカーによってサイズが異なってくるので、自宅にある運動靴と同じメーカーから選ぶとサイズが決めやすいと思います。